Made in 新潟 新技術展示・発表会に出展しました

2018年11月26日

平成30年11月21日(水)に朱鷺メッセにて開催されました「Made in 新潟 新技術展示・発表会」に出展しました。
3Dプリンター等で作製した弊社の技術である「SPガード工法」および「CSクレーン」の模型を展示し、超音波厚さ計で実物の鋼矢板を測る体験コーナーを設置させて頂きました。

 

ブースに足を運んでくださった多くの企業様や学生の皆様、誠にありがとうございました。

 

企業様の中には、県外から来られた方もおり、工法の中でも特に水中施工の部分に関心を持っていただけました。
県外でも、SPガード工法やCSクレーンが活躍できる場所が多くあるのではないかと期待しています。

学生の皆さんには、超音波厚さ計を使用して腐食した鋼矢板の厚さの測定体験をして頂きました。
SPガード工法の説明も興味深そうに聞いて、意欲的に質問してもらう事ができ、とても嬉しかったです。

 

鋼矢板の測定の様子

 

 

左下のモニターとパソコンでは、実際に工法を使用して施工した映像が流れておりました。

 

男子学生だけでなく女子学生も多くの方が興味を持ってくれた事が印象的でした。是非これからの建設業界の未来を担うけんせつ小町になって頂きたいですね!
向かいのブースの企業様は女性技術職の方が説明に来られていて、少しお話しを伺う事ができました。とてもかっこよかったです。

 

のど飴で乾燥対策!
こちらも多くの方が手にとってくださいました^^