平成最後の新入社員

2019年04月01日

本日、新元号が「令和」と発表されました。
平成の時代は4月30日で幕を下ろし、5月1日から令和時代がスタートします。
平成生まれの私には新しい元号に慣れるまでしばらく時間がかかりそうです。

 

 

新元号になると言うことで最近は「平成最後の○○」というのが流行っておりますが、
本日4月1日に我が社にも平成最後の新しい仲間が入社してくれました!
その様子を写真と共に少しだけご紹介させていただきます。

 

 


毎週月曜日の朝礼はみんなで経営理念と社訓を唱和します。
単に唱和するだけでなく、常に心に留めて業務にあたる事に意義があります。
新入社員の方々はいきなりなので驚いたかもしれませんが、こういった事にも徐々に慣れていく事でしょう。

 


次にみんなの前で自己紹介と挨拶です。
緊張する場面ではありますがみなさんハキハキと、そして力強く弊社での活躍を宣言してくれました。
本当に頼もしい限りです。

 


朝礼後は辞令交付式と社長講話がありました。
これから組織の一員となって働いていく上での考え方の土台となる重要な話だったのではないでしょうか。

 

午前中、残りの時間は業務規定や就業規則、賃金規定、福利厚生などの説明を行い、
午後からは会社の施設や支店・営業所見学を行って初日が終了しました。

 


同期入社は一生続くかけがえのない仲間です。
お互いに支え合ったり、切磋琢磨する関係でもあります。

平成最後となる新入社員のみなさん、同期社員との絆を深めつつ、一日も早く会社の雰囲気に慣れて
一緒になって吉田建設を盛り上げていきましょう!!

これから宜しくお願いします!