建設業労働災害防止協会が定める指針の安全衛生教育【2現場合同】

2019年07月03日

7月2日(火)、吉田建設本社3階にて建設従事者の不安全行動等の防止を目的に、
建設業労働災害防止協会新潟県支部 中川 功 様より講師を務めていただき、安全衛生教育を行いました。

 

 

 

弊社職員だけでなく実際に建設現場で働く他企業の方にも出席していただきました。
労働災害防止の重要性を認識すると共に、事業者が行う安全行動の為の措置や取り組みに対して
協力して頂くことが重要になってきます。

 

 

まず今回の安全衛生教育を受講してみて、現場管理者及び現場従事者が同じ目的を持つ事の重要性を再認識しました。
また、『安全が全てに優先する』と言う言葉がありますが、そういった重要な言葉を単に共有するだけでなく、
実際に労働災害を防止する為の方策を自分たちで考えたり、他の人に伝えたりする事によって
受講者の意識がより高くなったと感じました。
これから現場に持ち帰って実際の活動に活かしたいと思います。

 

 

今回の参加者に限らず、吉田建設は全社・全現場で安全第一、無事故無災害を徹底実行して参ります。