職場体験をしていただきました!

2019年11月01日

10月21日(月)、新潟県立新潟県央工業高校の生徒さんに現場体験をして頂きました。

現場体験に先立ち学校にて弊社社長より挨拶をさせて頂きました。その後、土木と建築の二手に別れて現場へと向かいました。

 

対象の工事は下記の通りです。
 土木:大島地区河道掘削その5工事
 建築:大荒江排水機場第2次工事

 

土木の現場では、まず座学として、北陸地方整備局信濃川下流河川事務所三条出張所様より、台風19号の被害状況や北陸地方整備局の取り組みを説明して頂きました。その後、越後平野の成立ちや当現場のICT施工の取り組みを説明させて頂きました。
実地では、レーザースキャナ測量・全自動のトランシット・ドローン・ICT建設機械の実演を行いました。
生徒さんたちをレーザースキャナで撮影し、その点群を実際に見て頂いた時に驚きの声が上がっていたのが、とても印象的でした。

 

 

 

 

 

建築の現場では、鉄筋組立・型枠組立・生コンクリートのスランプ試験の実地学習を行いました。
最初に三燕生コン様より、ミキサー車から生コンが出てくる様子を見せて頂いたのですが、みなさん”じっ”と見入っていました。
実習では、初めて見たりさわったりした道具ばかりで苦戦しているように思われましたが、職人さんの話に真剣に耳を傾け、お手本を見せてもらうと段々慣れてきたのか楽しそうに取り組んでいました。
中には熱心に職人さんに質問している生徒さんもいました。

 

 

今回の現場見学会は、建設業を担う人材の確保をテーマに開催致しました。建設業の重要性や今後の建設業について理解して頂き、現場の雰囲気を味わう事でこの見学会参加者の中から、建設業に従事して頂ける人が少しでも現れていただければ幸いです。

尚、この現場見学会に協賛して頂いた、北陸地方整備局信濃川下流河川事務所三条出張所の皆様及びニイガタ鉄筋工業㈱様(鉄筋組立)㈲影山組様(型枠組立)三燕生コン㈱様(スランプ試験)ご協力ありがとうございました。